【スポンサーリンク】

【アニメ】盾の勇者の成り上がり 13話感想

盾の勇者の成り上がり

2クールがスタートして初回の放送。今回の13話も相変わらず気分の悪くなるような展開からスタート。盾になんの恨みがあるんだか。

 悪魔扱いされる盾の勇者

 2クール目スタート初回から反逆者扱いされている盾の勇者。2回目の波の活躍はいったいどこに行ってしまったのか?とにかく気分の悪くなる出だしですけど、これがないと盾の勇者は成り立ちませんから我慢する部分です。

第二王女を守りつつ、なるべく見つからないように違う国へ行くという事で山を越えていく盾の勇者一行。トラップ一家物語を彷彿とさせるシーンです。そのわりには穏やかな感じですけど、やはりお互い信頼しあっているメンツだからこその話ですね。

休憩中にわかる王様の事。どうやら婿養子という事で、女王よりもちょっと身分が低い感じ。しかし肝心の女王の姿が見当たらないのは別の事情がありそう。ここは次回辺りに明かされそうですので楽しみに待とうと思います。

 

姉姫と3勇者の愚行

山の中の逃避行を追いかけてくるのは残りの3勇者と姉姫。3勇者も盾の勇者を追いかけるくらいなら別のことをすればいいのにと思いますけど、性格の悪い姉姫にそそのかされてきたんでしょうね。権力には逆らえないむなしさを見て取ることが出来ます。3勇者は3人とも頭が悪いのですが、その中でも槍は本当に気持ちが悪い。フィーロを捕まえるためだけにわざわざ作らせた封印の足枷とか気がくるっているとしか思えない。考え方も傲慢な上に気色の悪いロリ野郎はさっさと消えてほしいと思うくらい。

割とはなしの通じる剣はまぁいいとして、弓も結構頑固でどうしようもない感じ。とりあえず剣によく考えろみたいに盾の勇者は伝えるのですけど、まぁすぐにどうこうという結果は出ないんでしょうね。

姉姫は姉なのになぜ王位継承に関してあんなに焦っているのだろうか?妹は第二継承者だから自然にふるまえば自分が一番のはずなのに。ここも何か隠されている情報がありそうですね。だからって自分の妹を消そうとするのはどうかと思いますけど。

 

ごじゃるのせいで全て台無し

 何とか逃げ切って、今後はどうしましょうか?という際に、女王の側近みたいな人が来るんですけど語尾に「ごじゃる」をつけるので全ての雰囲気がぶち壊し。

面白いと思ってこういうことしているんでしょうけど、最低最悪の興ざめ要素であって誰も得しないし他の出来事が一瞬でぶっ飛んでしまうほどの悪手。しかも1回くらいなら、ん?と思う程度ですけど、長くしゃべり続けるシーンがあって何回も何回も言うものだから違和感しか最後は感じなくなります。

そんな訳で途中に何が起きたのかもすっかり忘れていまして、このごじゃるが二度と出てこないことを祈るばかり。この要素は本当に不要。今からでもリテイクしたほうが良いです。

 

おじゃる丸 第3シリーズ(1) [DVD]

おじゃる丸 第3シリーズ(1) [DVD]