【スポンサーリンク】

うちの長男の話 続き

家族 いらすとや

少しというか嬉しいこともあったので間が空いてしまいましたが、長男のこれまでの経緯を続けたいと思います。

前回の内容はこちら↓

 

www.freestylelab.work

 長男が2歳の時

この時期は本当に何もかもがあやふやで正直激動の流れだったと記憶をしています。長男の言葉は相変わらず出ることはなく、妻と母の関係も悪いままですし、次第に大きくなってくる次男の対応に追われたりととにかく大変でした。2歳の誕生日のお祝いもしたのですが、全然記憶に残っていないほど大変でした。

この長男が2歳になるくらいから夕食は同じ時間帯に取ることは変わりませんでしたが、食べるものは別。炊飯器も何もかも別。でもキッチンは同じ。凄い使いにくい思いをしていました。私は料理が好きなので食事中に唐揚げを揚げているのが好きなのですけど、そういう行為を私の父は妻に咎めたりとはっきりいって自分自身もなんで同居なんて申し出たんだろうと思いっきり後悔をしました。

子供に障害がある場合に限りませんけど、嫁姑問題がある場合は子供の発育に関して良い影響は何ひとつありませんから絶対に即別居すべきです。自身のストレスだけでなく子供自身が徐々に違和感をためていきますので絶対に早期に同居は解消すべきです。

 

 親子教室に通ったメリットとデメリット

親子教室自体が子供に合う合わない以外の部分として、メリットとして挙げられるのは早期に通っているとそこから先のプログラムが必要になった場合に、次のステップへ進みやすくなるという事。というかこれくらいしかありません。そこから少人数制の子供教室に入り、そこでも全然だめだった長男でしたけど、長男に合わせたプログラムを組んでもらい徐々に変化が出てきたくらいですから。

何も気が付かずに少しうちの子は遅れてるからで済ましていると、幼稚園の入園時に問題が発覚して入園拒否を宣言される場合があります。障害があるという事は知られたくないことかもしれませんけど、子供の将来を考えると対策プログラムを受けるのは早ければ早い程良いです。心配だったらまずは相談。役所にそういう子育ての部署がありますので、相談しに行くと親身になってアドバイスをしてくれ、色々な手配をしてくれます。

 

デメリットは何か?

 はっきり断言しておきます。風邪をもらいやすいです。冬場の時期に通っていると2週に1回くらいのペースで風邪をもらってきます。これは親子教室が大人子供を合わせて総勢60人オーバーになること。その子供たちは必ずしも一人っ子ではなく、兄弟姉妹が上にいて幼稚園や小学校経由で風邪をもらって来ることがあるからです。

また親子教室は無料で開催されていますからあんまり衛生的なものは期待しないほうが良いです。汚くはないですがどうしても把握でき状態が限られますし、風邪の初期症状が出ていても休ませずに無理やり連れてくる親がいます。なので風邪をもらった長男は翌週休み、よく翌週の親子教室で復帰するもまた風邪をもらいという事を何度も何度も繰り返しました。親子教室をやめるとこの風邪はピタッと止まりました。どうしても狭い部屋でたくさんの人間が集まるから仕方のない部分です。

 

 同居解消から

私の両親との同居解消をして4人家族として生活を始めると、子供達は少しずつですが安定してきます。妻もストレス性の下痢を長いこと患っていましたが、これも徐々に良くなり今は感知しています。

その後に長男は自閉症を診断をされ、知的障害もあると検査の結果判明して現在に至りますけど、大変な思いをしてはいるものの徐々に成長の兆しは見えてきており目の前が真っ暗という事はありません。

 

www.freestylelab.work

 お箸だって使えるようになりましたし、トイレトレーニングも始めることが出来ましたからね!

 

ただ今現在一番つらいことは、仕事中に長男や次男と同じ年齢くらいの子供と接する機会があること。この時に長男と次男は同じ年齢でも何もできないんだと改めて実感をさせられるからです。仕事をやめたくても生活があるし、でもこの件は常にストレスとなっており、転職を考えて毎日職場に行っています。